ブランディング、デザイン

デザイン会社、デザイン事務所、東京青山 表参道

東京都渋谷区神宮前4-3-15 表参道駅徒歩1分 TEL 03-5771-7978    FAX 03-5771-7980
デザインには流行があります。デザインの流行は日々変化し、洗練の定義は変わっています。それは非常に細かい部分の文字や配色であったりしますが、見る人に新鮮さや洗練を感じさせます。私たちは見る人の感覚に合わせたデザインを行っています。
Main Menu メインメニュー
今年もブームが続く、ゆるキャラというブランド

どうも!青山でブランディングとブランディング戦略を提案しているGRACIAのブランコです。

 

表参道から一本裏に入った路地を歩いていたら、渋谷区のゆるキャラ「あいりっすん」のポスターが貼られていました。住所的には、このあたりは渋谷区神宮前ですから、当然ですよね。表参道を走るコミュニティーバスにも、この「あいりっすん」のキャラクターバスが走ってたりします。

arisposirisbus

みなさん、「あいりっすん」のことを、ご存知でしょうか。誕生して、今年で3年目ですが、いまひとつ、認知度は高まっていないようですね。でも今や、地域活性化、町おこしには、ゆるキャラなくしては語れないという状況ですから、これからもっと育成していくのでしょうね。

ゆるキャラが飽和状態になりつつもあり、また人気のあるもの、ないものの二分化が起きている印象もあります。人気者は、正月のテレビやCMにも頻繁に登場し、キャラクターグッズもたくさん販売されていますし、結構な経済効果があるようです。まさにブランドですよね。その地域に本来ないブランドが生み出せるのだから、地域としては魅力的な存在ですよね。

 

そこで人気ゆるキャラの共通点について、少し考察してみました。

gunma1gunma2

写真は、昨年の「ゆるキャラグランプリ」で優勝した、群馬県のぐんまちゃんです。

ゆるキャラの多くは、まずイラストから決定します。で、このゆるキャラを、きぐるみにするわけですが、ここで人気の分岐点があると思われます。このきぐるみを人間が入ることを重視したデザインにするのか、イラストに忠実なデザインにするのかという点です。いろいろゆるキャラを見ると、人が入ることを重視したきぐるみは、そもそもイラストの時点でもっていた可愛らしさを壊しているものも多く(生っぽいというか、人間臭いというか…)、人気のないキャラクターになっている印象があります。このぐんまちゃんにしても、ふなっしー、くまもん、バリィさんにしても、人間が入ることを重視していないバランスでデザインされてますよね。そのほうが、カワイイし、ファンタジーを感じやすいのかもしれませんね。

 

そして、ゆるキャラが大集合するイベントを見て思ったのですが、人気のあるゆるキャラは、みな揃ってしぐさやアクションが可愛らしくて、頻繁にポーズを変えるんですね。しかも自分が可愛らしく見える決めポーズをいくつか持っている印象があります。もしかすると劇団員とかを雇っているのかもしれませんし、かなり、どう見えるかを研究していることが伺えます。このぐんまちゃんも、いろいろポーズをとります。ただし、きぐるみのみをレンタルするシステムもあるようで、イベントによっては、まるっきり動かないこともあるようですね。

 

ということで、おそらくゆるキャラ人気のポイントは、きぐるみデザイン、中に入った人の演技力をあわせもって、よりファンタジー感を作れるかどうかが人気になるような気がします。

ちなみに、グラシヤでは、キャラクターデザインなども担当しておりますので、これからキャラクターの検討されている方は、ぜひお問い合わせください。