デザイン会社、デザイン事務所、東京青山 表参道

東京都渋谷区神宮前4-3-15 表参道駅徒歩1分 TEL 03-5771-7978    FAX 03-5771-7980
デザインには流行があります。デザインの流行は日々変化し、洗練の定義は変わっています。それは非常に細かい部分の文字や配色であったりしますが、見る人に新鮮さや洗練を感じさせます。私たちは見る人の感覚に合わせたデザインを行っています。
Main Menu メインメニュー
地域が公募し、市民が認定するブランドつくり

どうも!青山でブランディングとブランディング戦略を提案しているGRACIAのブランコです。

 

ちょっと興味深いブランディングの話題を耳にしました。
神奈川県の小田原市が、地域のお土産となるブランドを公募し、しかもそれを一般市民が認定するという、一風変わった企画を実施しています。
odawa1

どういうことかといえば、地域のブランド認証制度は全国の100以上の自治体で実施されていますが、小田原では、その認証、選択方法を完全に透明化するというものです。

小田原の地域認定ブランド「小田原セレクション」は、「小田原みやげ」に適している商品を企業から広く公募。そしてノミネートされたものを、今度は市内在住、在学の一般市民が自薦他薦問わずに審査員となり、彼らにより具体的にブランドと認定するかどうかを選ぶというシステムです。つまり市民の目や舌で選んだオススメの一品を、小田原ブランド「小田原セレクション」として認定しようというわけです。

odawa3odawa2

変な力関係とか、しがらみに関係なく、一般の人の目線で魅力的なものであれば、自社の製品がいきなり地域ブランドとして認定されるわけですから、企業にとっても、市民にとっても夢がありますよね。

なお、ブランドへの立候補は、1月27日(火)17:00まで。FAXやメールでも受け付けているそうです。そして2月8日(日)には、公開審査が行われ、即日発表になるそうです。詳しくは、小田原市産業政策課まで。
odawa4
ちなみに、そんなアクティブに地域ブランドを作ろうとしてる、小田原の名産品が、現在、東京秋葉原で物産展を開催しています。食の名産は「日本百貨店しょくひんかん」にて27日(火)まで開催中。伝統工芸品は24日(土)・25日(日)に「mAAch ecute」にて開催されます。

興味のある方は、いずれも秋葉原駅から徒歩5分圏内ですので、覗いてみてはいかがでしょうか。