ブランディング、デザイン、表参道
デザイン会社 ロゴ
東京都渋谷区神宮前6−28−4 TEL 03-6433-5129    FAX 03-6433-5821
ブランディングやデザインの流行は日々変化し、洗練の定義は変わっています。それは非常に細かい部分の文字や配色であったりしますが、見る人に新鮮さや洗練を感じさせます。私たちは見る人の感覚に合わせたブランディングとデザインを行っています。
Main Menu メインメニュー

実際にカタログを作るときに決めるべき事柄は沢山あります。数ページのカタログなら必要事項がきちんと入っていて、製品や商品の顔(イメージ)がしっかり出ていて、特徴やポイントが分かりやすくデザインされ、ターゲットに合ったカタログなら問題ないでしょう。この場合は最初の導入ページの作りこみが一番のポイントとなります。ですが、総合カタログはそうはいきません。どんな構成にするのか、スペックはどこに置くか、カタログのイメージはどうするのか?競合他社との差別化はどうするべきか、文字の最小限の大きさはどのくらいにするのか。webとの流用性はどうするか…等々。カタログを店舗に見立て構成していくと、目標値が立てやすくいいものが出来るので試してください。お店(カタログ)のイメージはどうするか、ショーウィンドウ(導入ページや表紙)はどうやって見せるか、商品(商品構成ページ)はどうやって並べるのか、値札(製品スペック)はどこに置くか等々。お気に入りのお店や人を惹きつけるお店には理由があります。日頃、そういった目で物を見て感覚を養っていくと新たな視点で物を作ることができます。制作者と共通のイメージをもつと目標値もブレないのでお試しください。

ここでは少し写真の重要性に触れておきます。大手メーカー様では消費者に伝わる素晴らしい写真を予算と時間をかけて撮影します。化粧品メーカーのS様では1商品をご担当者様が納得いくまで一日かけて撮影なんてこともあります。でも中小企業様が撮影に投じられる資金と時間には限りがあります。短時間で状況判断し、世界観を作り上げるには経験とノウハウが必要になってきます。限られた予算の中で製品や商品の顔となるべく写真を撮ることは最も重要な事です。写真でイメージが変わり売り上げに大きく貢献してきたことも数多く経験してきました。自社の写真に納得がいかない企業様や撮り方や指示の出し方が分からない企業様は一度ご相談ください。

現場撮影の場合は現場に立ち会うクリエーターが限られた時間の中で状況を判断し、瞬時に判断できる力が必要です。当社の優秀なスタッフがモデル撮影から商品撮影、イメージ撮影までハイクオリティなレベルでお届け致します。

カタログ 制作フロー

1

ヒヤリング

お客様の要望や現状を聞き、目的を達成させるために何をすべきか、ディスカッションし、その場で現状の見直しをしてアドバイス致します。

2

案件の見直しと目標値設定

案件を社内に持ち帰り、課題の見直しと目標値を定め、設定して頂いた予算の中で、最も有効な表現方法を探り、基本案を練ります。

3

企画デザインのご提案

表現方法やコンセプトをプランニングしたのち、デザイン表現方法と全体の構成をジュアル化し、お客様に数案ご提案いたします。

4

カタログ制作

決定した案を元に必要なコピーを作成。写真撮影が必要な場合は撮影も合わせてレイアウトに反映させて、お客様にご確認頂きます。

5

印刷・納品

全ての原稿のチェックを頂いたのちに、印刷の入稿となります。特殊加工が無い場合は10~12営業日ののち印刷物の発送となります。(ページ数により異なります)

6

ヒヤリング

必要であれば、今後の販促計画や企業イメージの構築のご提案や、展示会、ブランディングの提案も致しますので、お気軽にご相談ください。

ACQUA KITS
海外有名ブランドを扱う総合カタログ。ブランド色を出し競合他社との差別化を図る。
■株式会社アドバン 様
■総合カタログ
■A4 160P ●デザイン企画 ●画像加工 ●コピー

Dubai
ドバイの魅力を紹介した観光誘致用カタログ。
■ドバイ観光局 様
■案内カタログ
■A4 8P ●デザイン企画 ●コピー

HUGGER 商品カタログ
PCバックの商品カタログ。タゲーットを意識し柔らかなデザインで表現。
■HUGGER 様
■製品カタログ
■A4 12P ●デザイン企画 ●撮影 ●コピー

BOUTIQUE JTB
観光客誘致のための日本を紹介したカタログ。
■JTB 様
■ブティックJTB
■A4 32P ●デザイン企画 ●翻訳 ●コピー